--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/02/17 (Wed) 22:45

ごめんね、ウィル

数日前の出来事です。

こわい、こわいと思っていたらやっぱりやってしまいました><

ウィルは爪切りを嫌がります。
暴れちゃうのでこわいなぁと思いながらも、ダンナさんに体はおさえてもらって、
わたしが手や足をおさえながら切る方法で少しずつやっていました。

そのうちウィルの抵抗もだんだん本格的になってきて、
たぶん焦っちゃったんだと思います。

右手の人差し指(?)の爪をパチンとした瞬間、血がわ~っと\(@ @)/

私はもうパニックで「血が・・・血がぁ~!!」とパクパクするだけで動けず><
ウィルをおさえてるダンナさんに「とりあえずティッシュ!」と言われて取ってくるのがやっとでした。
今思うと情けないです><

とうの本人はワンともキャンとも鳴かず、緊張顔でまっすぐ前を見たまま・・・
もしかして気づいてない??と思うくらい無反応でした。

少しすると出血は止まったのでとりあえず人間用の絆創膏を貼って
心配とショックでその日はソファーで一緒に寝ることに。

次の日病院に連れていくと
「もう血が止まってるなら連れてこなくてもいいくらいだよ~」
と先生に明るく言われちゃいましたが、
看護婦さんに残りの爪を切っていただいて、
その時暴れたウィルは再び流血><

黄色い粉のようなお薬で止血していただき、帰ってきました。

こんな感じです↓↓↓
(右足の少し色が変わっている爪がそうです。)





本人は黄色い粉を塗られたのが気になるようでしたが、

220209-2.jpg


それ以外はいたって元気です!!

220209-3.jpg


でも、先生に聞いたら爪の血管が通っているところは神経も通っているから
本人は多少なりとも痛いはず、とのこと。

やっぱりそうだよね><痛かったよね><

ウィル、ごめんね~!!

もうとうぶん爪は切りません!!!
(というか切れません!!!)

今回お世話になった病院は以前、じゅんこさんがお知り合いの方に聞いてくださって教えていただいたところです。

予約の電話を入れた時点でとても感じが良くて嬉しくなったのですが、
病院に着くと先生も気さくな感じで受付の方や看護婦さんたちも良い方たちでした

自宅から徒歩圏内(15分ほど)なのもうれしいところで、自転車に乗れば5分で行けそうです。

ここはちょっと・・・と思う病院が続いて、病院にいくのが少し億劫になりそうでいましたが
こちらでお世話になろうと思いました。

ようやく良い病院が見つかってほっとしています(しかもご近所に!)

じゅんこさん、まるぽこの母さんさん、
少し遅くなってしまいましたが><
本当にありがとうございます!!

スポンサーサイト
trackback*0 | comment*0 | 未分類
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。